裸眼に対する憧れ【レーシック手術を受けて視力を回復しよう】

注意点

「レーシックを受けたい」と考える福岡県民の方は多く見られ、それは人気を集める視力回復方法となっています。しかしそれには、いくつかの注意点があげられるのです。福岡にはレーシックを受けられる眼科クリニックがたくさん存在していますが、その注意点も踏まえた上で、しっかり検討してから受けるようにしましょう。
まず一つ目にあげられる注意点として、「長期予測が不明な点」があげられます。レーシックとは、2000年に認可されたまだ新しい施術となっていますので、今後、目にはどのような影響が出てくるのか、また、副作用は出てくるのかなど、長期的な予測はまだなされていないのが現状です。その予測は、2000年以降にレーシックを受けた人々で調査されますので、まだまだ先の話となります。

二つ目にあげられる注意点として、「ドライアイになる点」があげられます。レーシックとは、角膜を切開する施術となっていますが、角膜の中には、角膜の乾燥を感知し涙の分泌を促す三叉神経と呼ばれる知覚神経が存在します。角膜を切開することで、それを切除することにもなりますので、目が乾燥しても涙の分泌が促されなくなり、ドライアイになってしまうのです。

三つ目にあげられる注意点として「手術後は、角膜を元に戻すことはできない点」があげられます。角膜を切開する以上、それを元に戻すことはできません。「ドライアイが辛くて、角膜を元に戻してほしい」と思っても、それは不可能ですのでご注意を。

レーシックに見られる注意点の一つに、「保険適用外」があげられます。レーシックとは、保険適用外となっているため、一時的に高額な費用が必要となります。施術の種類によって金額は異なりますが、だいたい10万円前後から20万円前後のものが多いようです。